COMMENT コメント

生きている、まだまだ自分は死なないと、
この映画を見て改めて思いました。
優しくユーモアを持って、最期に何か一ついい事をしたい。
人は死んだ後にいい人だったと言われたいものです。
死がテーマなのに、明るく楽しく前向きに考えられる映画です。
死ぬ事が怖くないと思いました。

泉ピン子(女優)

人生では「もう遅すぎる」ことはないと勇気を与えてくれます。
そして、全力で生きた人生はともに生きた人達の心に生き続けます。

坂東眞理子(昭和女子大学 理事長・総長、「女性の品格」著者)

自信を持って行動すれば物事は変えられる!
なかなか一歩を踏み出せない自分に
勇気をくれた心暖まる映画でした。

村上佳菜子(プロフィギュアスケーター)

人生に迷っている人の背中を押してくれる映画だ。
偏屈で型破りな老婦人ハリエットに出会えて良かった!

新谷里映(映画ライター)

死に様こそ生き様。リスクをとる事を恐れずに
人生を最高のワクワクで駆け抜けたい。
改めてそう思わせてくれる映画でした。

レイチェル・チャン(ラジオDJ・バイリンガルMC)

人生の善し悪しは生き様、死に様で決まる。
性格の悪いババアもチャーミングなババアにも
みんなに見て欲しい映画だ!

毒蝮三太夫(タレント・俳優)

死んだ後なんてどうにでもなれ、と思ってる人ほど、
この作品を観て思い直して!
ちょっとしたことで人生って変えられるのよ。

よしひろまさみち(映画ライター)

女はいつだってワイルドカードを手にしている。
孤独なとき、不安なとき、、、
私はきっと、この映画を繰り返し観ることになる。

古賀涼子(TOKYO FM「TIMELINE」パーソナリティ・アナウンサー)